FC2ブログ

「鳥 ときどき・・・」

野鳥撮影が主ですが、星景 自然情景など幅広く撮影しています

2020-01-24 コミミズクのつもりで

風も弱く暖かな午後
コミミズクを狙うCマンが広範囲に並ぶポイントへ



来たっ!のCマンの声で遠くの白い被写体を狙う
が アララ コミミズクではなく、ハイイロチュウオスさんですね(^^♪ 







DSC02203.jpg





沼の上を飛ぶハイイロチュウヒオス
水絡みは多分初めて♪
DSC02229.jpg




沼とのアングルが良ければ 夕陽とハイチュウの映り込みが撮れた かも 
DSC02274.jpg
α7RⅢ+FE200600

こちらのコミミポイント 難しい!

スポンサーサイト



2020年01月24日(金) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2020-01-21 強風の中で

1/21撮影
あまりの強風なので、コミミ撮影からチュウヒ撮影へポイント変更



チュウヒだったらね~~(トビです)






ハイイロチュウヒ♀とトビ
DSC01899.jpg






DSC01903.jpg






DSC01904.jpg






DSC01906.jpg





すぐ近くを飛んでくれたハイイロチュウヒ♀ トリミング
DSC01955_20200122214740496.jpg






DSC01958.jpg





ハイイロチュウヒ♂も近くを飛んだが、強烈な夕陽逆光にピントを取られ全滅
山並みを背景 ハイイロチュウヒ♂
DSC02122.jpg






DSC02139.jpg






DSC02153.jpg
α7RⅢ+FE200600

いつもと違うポイントからの撮影は新しい発見がありますね(^^♪
強風の中遠くでコミミも飛んでましたね




2020年01月22日(水) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2020-0114 今季初 コミミズク

#野鳥 #コミミズク
#α7RⅢ #FE200‐600
2-3年前から、来ているよとの情報は頂いていたが、
あまりにも人工物に囲まれた、突飛なポイントなので躊躇していた。
Fb等にも色々な画像が載り人工物の映り込みも悪くはないようなので、重い腰を上げて行ってみました。


昨日夕方に下見時のポートレイト
結構距離があります。大トリミング






本日1/14 
誘導灯に飛びつき 1時間以上止まってました♪
DSC00837.jpg





チョウゲンをファインダー越しに追っていたら、なんとなんと コミミズクにモビング!(でしょうね?)
この前からの画像を見ると、コミミズクはかなり前からチョウゲンボウに気づき警戒してました。
DSC00897.jpg




コミミズクも迎撃態勢 羽が大っきい(^^♪
小耳もしっかり見えます
DSC00898.jpg





スッテンコロリンじゃなくて、チョウゲンボウの攻撃に対しての迎撃ですね。と思いたい
DSC00899.jpg





優雅な飛翔
撮影機材一式に疑問が湧くくらいのピンアマ 腕のせい? 距離とフェンス越しのせいにしたいな~。
次回はキヤノンでトライしてみます。
DSC01277.jpg






DSC01279.jpg






DSC01280.jpg






DSC01448.jpg
α7RⅢ+FE200600 三脚



2020年01月14日(火) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2020-01-09 ハイイロチュウヒポイントへ

仕事が早く終わったので、風の強い午後はハイイロチュウヒポイントへ
午後(夕方近く)にヨシ原のネグラに帰ってくるチュウヒは、風が強いとネグラの周辺をいつもより長い時間飛び回ります。
シャッターチャンスが増え、ナイスショットが撮れる???確率が高くなります♪
逆に風がない時は、一直線にネグラ入り シャッターチャンス激減です(^^♪

ハイイロチュウヒ
そろそろネグラが変わる頃なので、気をもんだが2羽はいつものネグラに帰ってきたが、遅いよ~~!
陽が落ちて暗くなってからの帰還 おまけに とおおおおおおおい! シャッターを切ったがすべて没でした。


日没前に飛ぶハイイロチュウヒ メス





雪をかぶった男体山(?)を背景に飛ぶチュウヒ 鳥景写真
DSC09966.jpg
α7RⅢ+FE200600

ひとまず 冬のハイチュウはおしまい 菜の花が咲くころ再挑戦ですね♪

2020年01月09日(木) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2020-01-06初撮りはイカル

昨朝 札幌へ帰る息子家族をリムジンバスの発着所まで送り、孫ロスはないものの、少しの寂しさと静けさを取り戻した我が家。
愛猫のPONも平常に戻りのんびり

鳥友のブログで近くにイカルが来ているのを知り、それではと出向いてみた。


ワンショットで100羽以上 シメも一緒で総数300羽以上でしょうか?





一緒にいたバーダーご夫婦(ちなみに自分を含めCマンウ&オッチャーは4名)から、コイカルのメスがいると聞き探しますが・・・。
DSC09236.jpg






DSC09413.jpg






DSC09276.jpg






DSC08978.jpg





コイカルを探せ クリックで拡大
 黄色いくちばしで黒い頭巾なしのシメタイプが コイカル雌
DSC08910.jpg


こちらがコイカル雌 トリミング  クリックで拡大
オスも入ってくれるといいんですが!
DSC08910-2.jpg
α7RⅢ+FE200600 手持ち


2020年01月06日(月) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-12-27 ミコアイサ沼~ハイチュウポイント

夜半の雨で、夜明けには川霧 !の期待を込めて薄暗いうちにミコアイサ沼に到着
しかし?? 強風のため「雨散霧消」ってこんな事(笑) 靄も霧も何にもなく視界はクリアですね~~
霧の中のミコアイサを狙ったが、残念 願い叶わず!

早朝はコハクチョウがいると聞いたので、鳴き声が聞こえる方へ
かすかな鳴き声が、朝のしじまに伝わってきます。







DSC07167_2019122920312940e.jpg




DSC07140.jpg




雲間の朝陽
リフレクションが!!!
IMG_0217.jpg




枯れ草が朝陽を浴びて真っ赤に染まりました
ミコアイサの白が引き立ちます♪
DSC07377.jpg






DSC07463.jpg




突然の水音
大きなヘラブナをくわえ逃げる1羽 横取りしようと追いかける1羽
DSC07216.jpg





DSC07223.jpg




シンクロしてますね~♬
DSC07295.jpg

DSC07296.jpg

DSC07297.jpg

DSC07298.jpg

DSC07299.jpg

DSC07300.jpg





今日のお気に入り
クリック拡大でどうぞ💛
DSC07311.jpg






昼過ぎにはハイチュウポイントへ到着
今回は迷った挙句いつもと違うポイントへ  
風は強く絶好のハイチュウ日和ですが、Cマンは自分ひとり 周りの目が無いので、見逃さないように慎重です。
IMG_0219.jpg





3時過ぎ近くを飛ぶのは、タダチュウだけ(^^♪
遠くでハイチュウが飛んでます。
DSC08210.jpg






DSC08286.jpg





DSC08316.jpg




ポイントを変えたら、鳥景写真が撮れました♪
DSC07996.jpg




こちらのほうが好みですね
DSC08072.jpg





24日撮影分
オスが3羽と、左上はズグロチュウヒ??
DSC06727.jpg





DSC06556_2019122920481093a.jpg





DSC06813_20191229204811845.jpg





DSC06280.jpg
いずれも α7RⅢ FE200600  iPhone7plus


今日から、孫たちが滞在しているので、今回が撮り納めになりそうです。
今年もご訪問頂き有難うございました。よいお年をお迎えください。





2019年12月29日(日) | 野鳥 | comment : 2 | Trackback : 0

2019-12-24 東京イルミネーション


恵比寿ガーデンプレイス
バカラのシャンデリア
IMG_0150.jpg





DSC01807.jpg





隅田川水上バス
スカイツリー  高層マンション群 東京タワー レインボーブリッジなど
DSC01820.jpg


DSC01848.jpg


DSC01861.jpg


DSC01883.jpg


DSC01909.jpg


DSC01955.jpg





東京ミッドタウン
バルーンイメージを題材 
IMG_0176.jpg


DSC01982.jpg


DSC01990.jpg


IMG_0178.jpg


IMG_0188.jpg





レガッタ汐留
劇団四季が公演中のアラジンを題材
魚眼で撮影
DSC02022.jpg


DSC02034.jpg


DSC02037.jpg
α6500 18200 魚眼 iPhone7plus

 12月22日撮影  雨の中頑張りました♪



2019年12月24日(火) | ブログ | comment : 0 | Trackback : 0

2019-12-23 沼で確認撮影

沼でカメラの設定確認撮影
先日来 格闘してきたα機 購入先のYカメラで、野鳥の撮影が趣味の販売員と知り合った。
先方はα9と64だが、当方のセットについて、リアルな体験も含めいろいろレクチャしてくれ大変助かった♪


飛び物には欠かせない照準器 
三脚ネジはグリップアダプターで使っているので、
レンズフードにゴムで固定のデジスコ譲りの両眼視の照準器
600mmのままで、ファインダーを覗きながら被写体を追えます。






ピンは奥のセイタカシギ
DSC05379.jpg






DSC05356.jpg





晴天で近いとバチピンできますネ(^^♪
DSC05668.jpg





明るく、ゆっくりのユリカモメ 一発で入りました!
ほぼ等倍にトリミング AF-Cのみ
DSC05267.jpg
α7RⅢ FE200600

2019年12月23日(月) | 撮影機材 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-12-19 ミコアイサ撮影 

鳥友に教えていただいた沼、沢山のミコアイサがいましたネ。
好きな鳥さんですが、意外に出会いが少なく、直近の撮影は2016年の春 
2013年以前は近くの池に毎年来ていたので、コンスタントに撮影していたのですが・・・。

こちらの沼はエクリプス(注1)を含め、数え切らないほどのミコアイサがいました!
枯れた蓮の間に出没するミコアイサ 風も弱くきれいな映り込みも楽しめました。
以前から撮影課題にしている風景の中の鳥「鳥景写真」にぴったりのシチュエーションです。
白い鳥さんには白飛び無しの薄曇りで時間の経つのも忘れ、久々に撮影に没頭しました。
#ミコアイサ 
#野鳥 
#α7RⅢ 
#FE200600









DSC04750.jpg





DSC04802.jpg






DSC04684.jpg






DSC04882.jpg






DSC04893.jpg






DSC05148.jpg





カメラマンによっては、絶対撮らない人工物が入り込むシチュエーションですが、これも自然 
人物や人工物が入っても、不自然でなければあまり気にしません。
カンムリカイツブリ
DSC04983.jpg
α7RⅢ+FE200600

(注1)カモのオスは、繁殖が終わって、つがいになるまでの間(8-10月)メスと同じような地味な色になる。この期間の羽色をエクリプスという。(日本野鳥の会刊行 フィールドガイド 日本の野鳥)


2019年12月19日(木) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-12-18 久しぶりにオナガ

姿! 色のバランス! 鳴き声を除けば身近な鳥では最高だと思ってますが・・・・









DSC04440.jpg






DSC04443.jpg






DSC04446.jpg





ほぼ等倍
近くだとFE200600もよく解像してくれます トリミング クリックで拡大
DSC04452.jpg
α7RⅢ FE200600






2019年12月18日(水) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-12-12 新機材でハイイロチュウヒ

長年使い慣れているEOS-7DMⅡが先日の撮影でシャッター不良が起きた。
累計何万回シャッターを酷使したことか分からないくらいの愛機だが、後継機種の噂は無い様だ。
1D系は重いし高いしで食指は動かない。

ここ最近、周りで見かける事が多くなったソニーのフルサイズミラーレス機
キヤノンでも同様な機種を出しているが、いまいちFITしてこない。
今後の開発次第だが、現状ではソニー機のバラエティー、レンズ群は他社に比べずば抜けている様だ。

候補は秒20コマのα9 6000万画素でグリップ感最高のα7Rⅳ 一番売れているα7MⅢ

そんなこんなで迷いに迷った結果は、α7RⅢ+200600
フルサイズだがクロップ機能があり、APS-Cでも撮影できるのが嬉しい♪
それに4200万画素あると、クロップしても1700万画素残るので、更にトリミングしても何とかOK!
気になるグリップも、スモールリグのアダプターを着けて何とかしのげた。
キャッシュバックの3万円にもつられた~~(^^♪

キヤノン7DⅢ+100400Ⅱの比較は
結論から云うと(まだ1度だけの使用インプレッションだが)
遠い(小さい)飛び物はキヤノンの勝ちかな~
空抜け被写体 一度外すとファインダーに入れるのが大変
慣れだが、測距リングの回し方がキヤノンと反対
被写体を追い続けている間、ピントリングは空回り 
カメラのDMFボタン(カスタムボタンで設定)を1度押してから作動という面倒臭さ
多分違う設定もできるかと思うので、お分かりの方は是非ご教授ください。
背景ボケはキヤノンの勝ちだが、
ISO 10,000オーバーでもWEBなら何とか見られる かな??
バッテリーはソニーのぶっちぎり 2700枚撮影して(JPEG) も、残量13% それも互換バッテリー(笑)
ストラップ 座金 すべて込みで3.3kg 手持ちで撮影できますね(長時間構えているのはしんどいですが)
細かな点でのジャッジはまだたくさん有るが、実戦1度のインプレッションでは、確定できませんからね。
追々 ブログに書いていきましょう。








男体山の麓 里山紅葉の前を飛ぶトビ
DSC00328.jpg





2時前にご帰還のハイイロチュウヒオス
DSC01095.jpg






DSC01104.jpg






DSC01337.jpg





クイックで拡大
DSC01572_201912131158466a7.jpg




クイックで拡大 ハイチュウの鋭い眼差し 痺れます
DSC01812_201912131158513de.jpg




ハイチュウオス 3羽で乱舞
iso4000
DSC02216.jpg




ハイオスと大陸型チュウヒ
iso12800
DSC02892.jpg
α7RⅢ+FE200600
クロップ機能は使わず、トリミングしたほうがベターかも?
普通の明るさ(日没前)で撮影した遠くのチュウヒ類 はっきりとピントを外している画像は約1/3
最初で、このシチュエーションにしては出来高は良いかと思います。







2019年12月13日(金) | 撮影機材 | comment : 1 | Trackback : 0

2019-12-05 半径13.8km

自宅付近の気になるポイントを探索

オオハシシギやハマシギ シロチドリなどシギチがたくさん入ってきた沼
3I4A4011.jpg






3I4A4055.jpg






3I4A4075.jpg






タゲリの群れはいつものポイントより少し離れた草地
群れも小さくなってましたね
3I4A4085.jpg






3I4A4116.jpg






3I4A4190.jpg






3I4A4207.jpg






3I4A4240.jpg






自宅近くの沼のユリカモメ
スローシャッターに挑戦するも、被写体が遠くでゆっくり飛んでいるので、大苦戦

1分半の餌の争奪戦 
ユリカモメ かなりしつこく追いかけてました♪ 
3I4A4398.jpg



3I4A4645.jpg
7ⅮⅡ 100400Ⅱ

スマホのナビで計ったら、一番遠いタゲリポイントまで13.8kmでした。





2019年12月05日(木) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-12-03 遠い 暗い 大苦戦

ハイイロチュウヒポイント
今回のねぐらに帰還はだいぶ暗くなってから、それも遠くになってしまい、前回のような画像を期待したが残念!



早い時間に帰還したのは、タダチュウやハイメス
空抜けを何枚か・・・・。
3I4A3735.jpg





3I4A3748.jpg






3I4A3767.jpg






3I4A3778.jpg





ピンクに染まった空だけが救い
3I4A3818.jpg





おなじハイオス
3I4A3819.jpg






IMG_0103.jpg





沼にも魚が戻ってきたようです
カンムリカイツブリ
DSC01634.jpg




αのマルチショットNR
暗い場合のスナップなどに使えそうです
DSC01652.jpg
7ⅮⅡ 100400Ⅱ 428 α6500 iPhone7+







2019年12月04日(水) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-11-28 夢よ再び

7年前に出会えた萩の実がらみのオオマシコ
感動的なシチュエーションでした!
その時の出会いが忘れられずに、早起きをして同じポイントへ

2017/12/25 こちらをクリック 当時のブログへ飛びます デジスコで撮影







IMG_2983.jpg




結果は・・・・・ 残ネーン おおはずれ~
萩の実はたわわに実って、まさに食べ時ですが、食痕がありません
2-3年前、様子を見にお邪魔した時も空振りでしたが、このロケーションは見逃せませんね
日にちをおいて再度チャレンジです!


小雨の霧深い山中 ルリビ君としばしの触れ合い💛
3I4A2743.jpg





3I4A2783.jpg





早朝にも出会ったヤマドリ モヤの立ち込める中 車から半身乗り出しての撮影
ブレてますね~ 
3I4A2793.jpg




山を下りる途中 小雨からみぞれに 最後には雪(*_*;
IMG_0078.jpg
7ⅮⅡ 100400Ⅱ  iPhone7+



2019年11月28日(木) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

2019-11-19 オオマシコ

オオマシコポイント
鳥友のブログに誘発されて紅葉がらみを狙って行ってきました。
通常の峠道はまだ通行止め 大回りしてポイントへ

全画像 クリックで拡大します


坂道の途中では雲海が目下に
IMG_0026.jpg





天候が悪かったのか、先着Cマンは2名
1時間ほどで出てきてくれました 7羽のオオマシコ ♀;♂は 1;6とか2;5とか・・・
♂のほうが多いようです


直射日光が当たる時間前 しっとりとしたいい色合いで撮れました(^^♪
3I4A2231.jpg





3I4A2350.jpg






3I4A2424.jpg





ピンアマですが、遠目細目パステル紅葉をでどうぞ♪
3I4A2508.jpg






3I4A2567.jpg






3I4A2609.jpg






3I4A2650.jpg






3I4A2662.jpg





季節感ゼロ ゴジュウカラ 今年は多いですね
他にはヤマガラ ウソ 高い枝にはマヒワ 
3I4A2685.jpg





帰路の山道で オスもいたが残念枝被り
3I4A2720.jpg





10時過ぎ 盆地ではまだ雲海が漂ってます
IMG_0030.jpg
 手持ち 7DⅡ 100400Ⅱ iPhone7plus



2019年11月19日(火) | 野鳥 | comment : 0 | Trackback : 0

サブメニュー

アナログ時計(黒)

プロフィール

マリミック

  • Author:マリミック
  • 【マリミック MARIMIC】とは
    飼い猫マリとミックからですが
    ミックは20歳直前の2014年2月旅立ちました
    マリは1年後の3月に21歳の長寿を全うしました

    埼玉県狭山市在住



     

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する