2011/1126 希少種と遭遇 クロツラヘラサギ-1

2011-11-27 (Sun)

辺りが大分薄暗くなってきたので、
マリミックママのJ1(下線部分強調(笑)の試写を切り上げ、
最後に何か居ないかと周囲を見回すとコサギ ダイサギの群れに混じって、
くちばしを沼に突っ込んでいるサギがいる?


むむ?


DSC_0989_t.jpg



後ろ姿で顔が見えない


DSC_0992_t.jpg




コサギとは明らかに違うぞ


DSC_1001_t.jpg




しゃもじの様なくちばし
ヘラサギ?


DSC_1027_t.jpg





おお~ 顔も黒いぞ

こ こ これはもしかして クロツラヘラサギ!!!!!!!


DSC_1035_t.jpg





珍鳥 貴重種とかには興味の薄いほうだが、
世界中で1400羽とも2000羽とも言われている鳥さんでは
ビ ビ ビックリです
DSC_1112_t.jpg
TSN-884+TE-17W+Nikon J1



うれしい初見初撮り\(^o^)/




そういえば午前中に犬の○○コを踏んづけてしまったけど、
これって○○が憑いたって事?




九州や最近では東京湾でも見られたそうですが、
こちらではあまり聞きませんネ









wikipediaより抜粋


形態 [編集]

体長は75cmほどで、ヘラサギよりも少し小型である。全身の羽毛が白いが、夏期には首が黄色くなり、後頭部に黄色の冠羽があらわれる。ヘラサギと似ているが、ヘラサギがくちばしの先と顔の裸出部分が黄色なのに対し、クロツラヘラサギは名前のとおりくちばしと顔が全て黒い。

生態 [編集]

生態はヘラサギによく似ており、干潟や水田、湿原などで、大きくてスプーンのようなくちばしを水につけて左右に振り、くちばしに触れた魚、カエル、カニ、水生昆虫などを捕食する。サギ類のような水面から狙いをつけて獲物を啄ばむ採食はしない。むしろカモ類の採食行動に似ている。また、採食時以外でも、くちばしを左右に振る独特の動作をするがこれもサギ類には見られない行動である。

営巣地の調査は未だに十分ではないが、北朝鮮西海岸の島嶼部の岩棚や崖に営巣することが確認されている。卵は、白地に淡い紫や褐の斑点がある。

分布 [編集]

クロツラヘラサギ (沖縄県、2007年4月30日撮影)
世界で約2000羽(生息数:2009年1月現在)しかいないとされる渡り鳥。朝鮮半島にある非武装地帯付近の西海岸や中国・大連付近などで繁殖している。世界最大の越冬地である台湾・台南をはじめ、中国南部、香港、マカオ、ベトナムなどで越冬する。日本では、九州および沖縄で毎年冬鳥として約200羽が記録される。日本で観察される個体数は、1990年代半ばから少しずつ増加傾向にある。また、福岡市などで夏を過ごす個体例も報告されている。環境省のレッドデータブックでごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いとされる絶滅危惧ⅠA類に指定され、世界的にも貴重な野鳥である。日本では「日本クロツラヘラサギネットワーク」(事務局・福岡市)が保護、調査研究活動を行っている





スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2011-11
Category : 野鳥
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
2011/1127 クロツラヘラサギ-2
<< old
2011/1126 Nikon J1 再度試写

Comment

Post a Comment








Trackback

http://marimic.blog13.fc2.com/tb.php/1108-9691cf8e