2016-0619 北海道滞在記-10 エゾライチョウ親子に逢えた!

2016-06-19 (Sun)

一昨日たどり着けなかった原生花園
やはりナビが手前を案内してしまったようで、少し先にちゃんとありました。


着いてそうそう、咲き始めているエゾカンゾウにとまってますね~ ノビチャン♪






背景はイマイチですが、乗ってくれましたネ ノビタ君
s-3I4A7532_20160619165108b9d.jpg





綺麗なグリーンのシダの中で埋もれそうなノビチャン
s-3I4A7524.jpg
この後、ノビさん一家は奥に入ってしまい、エゾカンゾウ絡みは一回だけ






10-15分おき位にこの枝でさえずるノゴマ君
s-3I4A7589.jpg





日本海バックで気持ち良さそうに、さえずっるノゴマ君
こちらの方が好みかな
s-3I4A7596.jpg





帰るには少し早いので、途中の林道に入ってみました。
もちろん予備知識や土地勘はゼロです。
危なそうだったら、即引き返そうと決めて、窓を全開にして、さえずりを聞きながら、
ワダチの跡もうっすらあるので、歩くような速度で、車を進めます。





突然 2-30m先の黄色の花の中を歩き始めた鳥さん
ヤマドリ?
いえいえ エゾライチョウじゃないですか!
s-3I4A7641.jpg





オス(?)のようですが、判明できません。
冠羽があるんですネ
s-3I4A7646.jpg





エゾ松の枝に飛び上って、あたりを見回しクマイザサに降り姿を消しました。
しばらく待ってみたが、待ちくたびれて30分ほど先に進み、ノスリとミヤマカケスのバトルを見たり、タダアオジやホオジロ 枯れた木の天辺でさえずるオオルリを撮ったりして、引き返すと!!!
s-3I4A7649.jpg





エゾライチョウの親子と遭遇
親は一番先に左から道路を挟んだ、右の笹の中に飛び込み、アララと思う間にパラパラとヒナが続けざまに飛び込みます。
小さいので、飛び込んでから居たのが判る口惜しさ!4-5羽いたかな?
少し近づくと、左の小枝にまだ1羽残ってましたね~~~
飛び出すタイミングが判らないようなので、何枚か撮らせてもらいました♪
「おかーさん さきにいかないでよー」とでも言っているような。
クリックで可愛さ100倍(^^♪
s-3I4A7721.jpg




この後 落ちるような感じで、短い羽根をパタパタさせて、おかーさんの所へ行ったようです。
クリックで可愛さ100倍(^^♪
s-3I4A7725.jpg




おまけ
s-P1290343.jpg
7DⅡ 100400Ⅱ









スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2016-06
Category : ブログ
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
2016-0620 北海道滞在記-11 よく来ましたねー♡
<< old
2016-0618 北海道滞在記-9 スッキリノゴマ

Comment

Post a Comment








Trackback

http://marimic.blog13.fc2.com/tb.php/1674-1da35d41