2017 北海道滞在記-31 自然写真家 泊和幸氏と オジロワシ

2017-08-02 (Wed)

撮影地で知り合った 日本写真家協会所属 自然写真家の泊和幸氏
撮影に差し障りなければ、同行させて頂きたいと厚かましくもお願いしていたが、
お声が掛かり2日間ご一緒させて頂いた。
プロの写真家と並んで撮影できる機会は滅多にない事。
自分のスキルでは到底到達できない域だが、一つでも身に付けばと鳥待ち時間に多岐にわたるお話を聞きつつ、
撮影方法を横目で見ながらの貴重な2日間であった。


ミサゴや砂浜で水を飲むアオバト等沢山撮影したが、今回はオジロワシの海鳥捕獲シーンを!
他は後日掲載予定。



浜辺でアオバトを撮影していたが、泊プロの声で海原を見るとプカプカ漂うウミガラス
図鑑で調べるとハシブトウミガラス?
s-3I4A4664.jpg





遠くでオジロワシが2羽 通常の飛び方と違う?
s-3I4A4755.jpg





何かを威嚇しているようだ!
s-3I4A4751.jpg





突然のことで何が起きたか分からないが、
プロの「獲ったーっ!」の声でオジロワシが何かを捕獲したらしい!
大きな水しぶきが上がり、左下のオジロが何かをつかんでいる
s-3I4A4760.jpg






プロが横で「鳥!!鳥だよ」
s-3I4A4761.jpg





こちらは緊張して、被写体を逃さないようにカメラを握りしめる
果たして、鳥を掴んでいる1羽をファインダーに入れているのだろうか不安になりながらシャッター全押し
s-3I4A4764.jpg





鳴き声は聞こえなかったが、多分 やったぞー!とでも云っているような。
s-3I4A4775.jpg
7DⅡ 428


あの ウミガラスでなければと思いつつ、食物連鎖の一環を覗き見た一時であった。

8月3日よりオホーツク側の湧別町に住まいを移します。
コムケ湖やシブノツナイで紺のジムニーシエラを見かけたら私です♪





スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2017-08
Category : 北海道
Comment : 0
Trackback : 0
New >>
2017 北海道滞在記-32 自然写真家 泊和幸氏と ミサゴ
<< old
2017 北海道滞在記-30 滞在50日

Comment

Post a Comment








Trackback

http://marimic.blog13.fc2.com/tb.php/1844-3dcf8662