匍匐(ほふく)撮影

2006-02-17 (Fri)

何とか休みをやり繰りして、今日もまたまた北本ベニマシコ詣。
しかし 先日にも増してベニさん出てくれません(T_T)
渋々昼で撤収。その後毎度のパターンで、ベニさんの淡い期待を抱いて八丁湖へ(やはり見ませんでしたが)。
坂道でシロハラ♂を遙か彼方に発見!
数カットを撮って、モニターを見ると背景が道路(~_~;)
そこで、周りに通行人が居ないのを確認して、三脚を大開き、スコープの高さは50cmほどになった。砂利道に両膝を突いて(膝が痛い)、尻を突き出し、ファインダーを覗いてみると、ワオ~!ほぼ思いどうりの構図になっている!膝の痛さをガマンしてパチリ(汗) 前後のボケも出ました!




シロハラ
NikonEDⅢ+40倍Wide+COOLPIX5900 リサイズのみ

北本でお会いしたUTUMIさん 八丁湖でお会いしたTAMURAさん、貴重な情報有難うございました。 又お会いした時はよろしくお願いいたします<(_ _)>

スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2006-02
Category : 野鳥
Comment : 4
Trackback : 0
New >>
春を探しに・・・
<< old
フリーソフト

Comment

raito : 2006年02月17日(金) 20:31 URL edit
マリミックさん、砂利道にいたシロハラを、ローアングルで幻想的な
写真に仕上げられて、いいですね。
 フリーソフトで、御写真を幻想的に仕上げられていますが、
こちらはイメージどうり、撮れたのは 嬉しいですね。
今度は、私も試してみましょう。

 新しい、雲台の調子はいかがですか。
マリミック : 2006年02月17日(金) 22:26 URL edit
raitoさん コメント有難うございます。
今日シロハラを撮影して、自分の撮りたい画像のイメージが、なんとなくですがつかめてきた感じです(アカデミックやね~ マリミックさん と1人でツッコミを入れる) 
雲台ってこんなに差があるものなんですね!
G2380は701RCに比べやや重いですが、使い勝手は雲台(雲泥)の差です(~_~;)。被写体を入れながら、左手でピントを合わせ、右手をパン棒から手を離し、すぐリレーズを押せます。701の場合はスコープを一度固定するために、左指でネジを手前に回し、微調整をする動作が必要でした。一動作少なくなるので、シャッターを押すまでが速くなりました。雲台自体もか~るく動いてピタッと止まります(*^^)v。
実習生 : 2006年02月18日(土) 07:47 URL edit
うーむ、素晴らしい! ローアングルで狙ったシロハラ。  普通だったらどうしようもない道路のシロハラを、ここまで見せるように撮りきるとは大したものですねぇ!  これは雲台のせいではありません。  マリミックさんの美に対する感性とこだわりから生だされた傑作でしょう。  と、鬼教官殿が言ってましたよ。
マリミック : 2006年02月18日(土) 17:19 URL edit
実習生さん コメント有難うございます。
鬼教官さんは、もうかなりのお年のようですから、言っている事を真に受け無いほうが・・・
そういえば、ガーデニングで使うスポンジの膝当てを持ってたんですよ!これを付ければ膝をついてもぜんぜん痛くならないのですが、いざという時には、使うのを忘れちゃうんですよね。
カメラも縦位置にすれば良かったのに、などと後で気がつきました(~_~;)

Post a Comment








Trackback

http://marimic.blog13.fc2.com/tb.php/239-f8f7a4ac