トビモノシーズン到来

2007-03-29 (Thu)

夏日になった午後 セキレイのトビモノを撮りに河原へ行ってみた。
ユスリカのような虫が沢山出ているので、
セキレイさん達ピュンピュン飛んでます(^_^)v
ほかにジョウビタキ、ツバメ イソシギなど目の前を通り過ぎていきます。
川の向こう側では、
ジョウビ君が盛んに虫をフライングキャッチしています。
もう帰る準備でしょうか。
セキレイさんに比べると捕らえる確率が低めですね。
空抜けで厳しい画像ですが生態写真ということで・・・(汗)

獲物は目の前 ヘッヘッヘ



あ ららら!
IMG_1781-t.jpg


逃げないでよ~~! ア"--
IMG_1782-t.jpg



OK OK うんうん! 今回は見逃してあげよー・・・
IMG_1785-t.jpg


ショートホバ!
ロックオーーン
IMG_1925-t.jpg


ゲット!ーー
IMG_1926-t.jpg


ツバメさんも飛んできましたねー!(^^)!
他の画像は在庫として備蓄(笑)
半回転シーン!
IMG_1958-t.jpg
Canon EOS 20D+300mm F2.8L IS USM(手持ち=筋肉痛)

上記の組み合わせでは初のトビモノ撮影
全てAF ファインダーに入れてシャッターチャンスを待っている時は、
やはりプルプル来ますね(~_~;)
被写界深度 328は厳しいです!→ 1段絞りました。
今まで見なかったオオボケ画像が多かったです。
1100カット撮影して荒見段階で残ったカット数約70枚
100-400mmの方がピント確率は高いですね(慣れの問題もあるでしょうけど) ま これから練習練習 です!

ジョウビタキとツバメが同じ場所で撮れるんですね。


スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2007-03
Category : 野鳥
Comment : 6
Trackback : 0
New >>
順番間違え・・・
<< old
ハシビロガモ

Comment

ふん転菓子 : 2007年03月29日(木) 22:18 URL edit
10%以上バチピンが撮れる頃にはそれなりに追従できるようになりますよ。
こちらはまだツバメを見ません。
そんなに離れていないのにね。
flycatcher : 2007年03月30日(金) 07:06 URL edit
いずれの写真もおそろしくピントが合っていますね。止まりものならいざ知らず、飛びものに対してこれほどピントが合うとは・・・。機材?、腕?、おそらく両方でしょうね。お見事です。
私の場合、ファインダーに導入する過程での失敗が多いです。ツバメ等高速飛翔する鳥の場合その後の追従も難しいですけどね。
マリミック : 2007年03月30日(金) 11:59 URL edit
コメント有難うございます!
ツバメさん 多分来ていると思いますよ!
定位置でウエィティング中に、1時間に1~2度通り過ぎるくらいの頻度ですから・・・
マリミック : 2007年03月30日(金) 12:03 URL edit
コメント有難うございます!
はっはっは! ほめすぎですよ!
今シーズンツバメは初トライだったので、眼が追いついて行きませんでした(汗)
最後の方ではファインダーで何とか追えましたけどピンボケ・・・。
asitano_kaze : 2007年03月30日(金) 18:14 URL edit
サンニッパを手持ちで飛びものとは。
それだけで尊敬に値します。
どれも「すごいですが、ラストの画像、特にすばらしいです。
止まりものならいざ知らず、飛びものでカメラ振り回すのはつらい。
100-400なら軽いので操作がしやすく、従ってブレも大幅に少ないと思います。
マリミック : 2007年03月30日(金) 21:04 URL edit
コメント有難うございます!
椅子に座って、膝にひじを乗せてカメラを構えているとそれ程ではないんですが、ひじを浮かしてファインダーを覗いている時がチョット苦痛(涙) 結構軟弱体質ですから・・・。

Post a Comment








Trackback

http://marimic.blog13.fc2.com/tb.php/438-041f0538